FC2ブログ

GITZOのトラベラー1型


一脚の使用頻度は、機材の重量に耐えきれず、かなり高いですが、滅多に三脚は使わない僕です。。
しかしながら、使いもしないのに、三脚が移動の荷物の中に入っていることは多く、とは言っても、年に何回かは三脚が必要になることも事実で、結果的に持って行っただけ状態のことが多いわけです。
車で移動の時や、気合の入ってる時は、GITZOの5型も、持って行く気になるのですが、さすがに、多分使わねーな。とか、飛行機なんかの公共交通機関で移動する時や、ミラーレスを使ったり、ちょっとだけ三脚を使いたいときは、5型は出動せず、GITZOのマウンテニアの2型を使ってます。。ただ、この2型、飛行機の保安検査場で、たびたびキャリーバックから出せと言われ、長さを測られます。。結果的には、機内持ち込みもOKなのですが。。こういうのが面倒なのと、もっと軽い三脚を欲したわたくしは、GITZOのトラベラー三脚の1型4段タイプのGT1545Tを導入してみました。。。
まぁ導入しただけで、まだ使ってないので、感想もへったくれもないわけですが。。
1枚目2枚目の写真は、脚を折りたたんでる状態です。
3枚目4枚目は、この脚をミョーンと反対側にして、センターポールを調整し、三脚を使える状態にしたところです。この説明じゃ、イミフだと思います(笑) ご興味があるかたは、誰かがアップしてるYoutubeを参考にするか、お店で勝手にお試しあれ(笑)
ちなみに、最後の写真は、5型の箱と比較したものです。。
真ん中の箱が、今回導入したトラベラーの1型の箱で、両脇の箱は、システマティックの5型の箱です(参考までに)

あと大事なのは、雲台ですけどね。。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

FUJI FILM  X-A1
Carl Zeiss Planar 1.8/32 T*
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/50

関連記事
スポンサーサイト



0コメント