FC2ブログ

まねすな、危険。


こないだ、FUJI FILMのカメラ使い倒したおかげで、
センサーにグリス飛んでます。
FUJIのサービスセンターに行くの面倒ですと書かせていただきましたが、
そういうことなので、自分でセンサー清掃をすることにしました。

センサー清掃の必需品といえば、これ。。無水エタノール。。
とりあえず、クリエイトに行って買ってきました。。
イメージ 1


無水エタノールをこの中に入れます。
いわゆるハンドラップってやつね。。
上を押すと、中の液体が出てくる仕組みになってます。
イメージ 2



でこれは、Nikon純正のシンボル紙です。
イメージ 3



そしてこれが大事なんです。
シンボル紙をまいて、実際にセンサーの清掃を行う割りばし。
名付けて、わりばししゅうSP(なんじゃらほい)です。
イメージ 4



清掃のしかたは、いたって簡単。。
割りばしにシンボル紙を巻いて
(一応、巻き方はあるんですがね)
無水エタノールをつけて、センサーを清掃するだけです。

基本的な清掃の仕方はあるんですが、
要はセンサーが綺麗になりゃいいの。。
けど、これがコツを掴まないと難しいかもしれません。
基本的には、各メーカーのサービスセンターで
やってもらったほうが無難です。

ちなみに、俺はCanon機は自分でやりません。。
なぜなら、無料でセンサー清掃ができるから。
↑↑
セコイ。。俺(笑)

ということで、いちおう清掃後のセンサーはこんな感じ。。
FUJIFILMのXシリーズのレンズ交換式カメラは
ミラーレスなので、ボディキャップを外せば、センサーむき出しです。。
しかし、写真を撮ってる間に、デッカイ埃が落ちとるっちゅーねん(笑)
イメージ 5


ついでにレンズ数本とLeicaも清掃しました。。
Leicaの場合は、センサー検査モードにして、シャッターボタンを押して、
シャッターをあけっぱなしの状態で、センサーをむき出しにします。
イメージ 6


おかげさまで、写真に写りこんだ汚れは、なくなりました。
とまぁ、こんな感じでした。


ほなっ。。
FUJI FILM  X-A1
Carl Zeiss Planar 1.8/32 T*
関連記事
スポンサーサイト



0コメント