FC2ブログ

長は、短をかねる?



イメージ 1


三脚は常に車の中には2本くらいは積んであるんですけどね。。
いや、正確に言うと置場に困るので車の中に置いてあるというのが正解です(笑)
そんな、あまり活躍してない三脚ですが
GITZOの GT5562GTSってタイプを使ってます。。
これ最大耐荷重40Kgってタイプなんです。
まぁゾウが乗ったら軽く逝っちゃうわけですけど。。
三脚の中では、かなりアレなタイプです。。

それとこの三脚、全伸高が277cmもあるんですよ。。
要するに、三脚を全部伸ばすと、277cmってことですね。
なんでこんなに長いのを?と言うと
例えば、人気の撮影地(花火とかね)で一番後ろにいても
この三脚をササッと伸ばせば、一番後ろからでも前の人の頭が写らずに
撮れたりするわけですよ。。
これが快感なんですね。。
一回もやったことないけど(笑)
まぁあとは、撮影地で場所取りとかね、そういうのが嫌なんです。。俺(笑)
なので、そういうことにならないためにもなわけですよ。。

ついでに言うと、脚立がないと自分がカメラにも届きませんけどね(笑)
なので、全部伸ばして使う時は、脚立も必須です。。

とまぁこんな具合なんですが、GITZOの、この三脚、
6段なんですが脚を外して3段とか4段にできるんですよ。。。

どういうことかと言うとこんな感じっす。。

6段の三脚というのは、6本の棒?を連結させてできてるんですね。。
わかりますかね?
イメージ 2



この6段を途中から引っこ抜くんですよ。。
右側に置いてあるのは、引っこ抜いた棒ですね。。
イメージ 3



引っこ抜かれた本体側は、こんな感じです。。
イメージ 4





で、引っこ抜かれた三脚本体側に、GITZO純正の
Gロック脚段数レデューサーってのを取り付けます。。
ちなみにこれは、GS3300です。イメージ 5




これが、Gロック脚段数レデューサーをつけたところです。。
イメージ 6



で、このままじゃ地面に接地するところがアレなんで、
これまたGITZOから純正で出てる、
セルフロック式取り外し可能石突(俺のはGS5030って型番です)
を取り付けます。。
イメージ 7



一番下に写ってるのが、短く3段にした脚ですね。。
これと同様に、他の2本も短くすれば、
GITZO5型の3段三脚に変更できるということですね。。
これで、全伸長150cmくらいの三脚に変更できるというわけです。。
イメージ 8


下の細いところを伸ばさなきゃいいって話なんですけど、
それじゃ、いろいろと不具合もあるもんで。。
まぁ、なにか機会があれば、参考までに。。ってことで。。


ほなっ。。

FUJI FILM  X-A1
Carl Zeiss Planar 1.8/32 T*
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/50
関連記事
スポンサーサイト



0コメント