FC2ブログ

どっちかってーと、軽い三脚には、軽い雲台でしょ。。ってーことで重い雲台ばっかが貯まる昨今の僕ですが、GITZOの0型用に軽い雲台を仕入れてみた件。。。


ということで、軽いミラーレスを使い始めたのが、SONYがフルサイズミラーレスのα7の1型を出して、けっこうすぐの2014年1月の事です。。まぁ三脚も雲台も大は小を兼ねる(中は小を兼ねる?)ってアレで、ちっちゃい三脚や雲台にはあまり興味がなかったんですが、さすがにGITZOの0型なる軽い三脚には、GITZOのトラベラー1型にアレしたReally Right StuffのBH-30ProⅡって雲台でも重い気がしましてね。。。梅本製作所のSL-40ZSCってのを導入してみました。

1枚目の写真がそれです。

2枚目の写真は、0型GITZOにこの雲台をつけたところ。。
なんだか、雲台の黒さがアレで、色味的にはちと気に入らん(笑)
まぁたいした事では、ないんですけどね。。。

3枚目の写真は、梅本製作所には、大雑把にいうと大・中・小3種類の大きさの雲台がありましてね。。
右側の中(SL-50ZLC)と今回導入した小(SL-ZSC40)を比べた写真です。。

4枚目はReally Right StuffのBH-30ProⅡと梅本製作所のSL-ZSC40を並べた写真です。。
BH-30ProⅡの方が、小さく見えるんですけどね、梅本のSL-ZSC40の方が、約143グラムほど軽いんですよ。。
まぁ143グラムかい!って話ですけど(笑)

5枚目の写真は、関係ないアレなんですけどね、アルカスイス互換の雲台プレート、大人買いしときました。。
まぁこれ、やっすいプレートなんですけどね。。
なので、ネジ部が心配っちゃーそういう事なんで、ヘビー級の機材には、絶対使いません(笑)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

FUJI FILM  X-A1
Carl Zeiss Planar 1.8/32 T*
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2.8/50

関連記事
スポンサーサイト



0コメント